SiteMap

植毛治療は自毛植毛で行われています

男性型脱毛症AGAをご存じでしょうか?進行形の脱毛症で男性の大半がこのAGAと言われています。このAGAの治療に植毛治療があり、自分の髪の毛を移植する自毛植毛が主流です。そもそも植毛治療は人工毛植毛と自毛植毛の二種類があります。ですが、人工毛植毛は拒絶反応や副作用が出るためほぼ行いません。代わって登場したのが自毛植毛です。自分の髪の毛を移植するにはAGAの影響が出にくい場所から採取します。
主に後頭部の髪を使用、大事なのは毛根を傷つけないことです。生きた毛根ごと採取し、薄くなった部分に植毛、定着させるわけです。うまく定着すれば成長し、永久的に生え続けていきます。ちなみに定着率は90%を越えると言われています。毛根は長期間何の治療もせず放置すると死んでしまいます。死んでしまった毛根は再生できなくなります。その為、生きた毛根が大事になります。採取するには後頭部を刈り上げる必要があります。
採取する方法も種類があり、切開する方法としない方法があります。メスで頭皮を帯状に切除するのですが、頭皮をきるので痛みがあります。また傷も大きく残り、考えると痛々しいものです。切らない方法は1本ずつ髪の毛を採取するので小さな傷で済みます。その為、傷の治りは早く痛みも少なく済みます。自毛植毛は自由診療のため、健康保険が使えません。自費になります。専門のクリニックで充分話し合い納得してから施術を受けて下さい。

自毛植毛のメリットとデメリットについて

最近抜け毛が気になる、薄毛を家族や会社仲間から指摘されたなどの悩みを抱えている方は多いと思います。育毛剤などを試してみても効果がなかったなど人知れず思い悩む人もいるのです。そんな人の間で注目されているのが自毛植毛です。自毛植毛はその名の通り、自分の毛を使って植毛するもので、人工植毛に変わる植毛として期待されています。では実際自毛植毛のメリットとデメリットはどういうものなのでしょうか。自毛植毛のメリットとして挙げられるのは定着率の高さです。人工植毛とは違い、自らの毛を利用しますので植毛後の定着率が非常に高いのです。
人工植毛の場合は拒絶反応を起こして抜けてしまう事があるのですが、自毛植毛は自らの毛ですので拒絶反応が少ないのです。また自然な仕上がりが期待できるのも自毛植毛のメリットの一つです。植毛後に定着した髪の毛は、他の髪の毛と同様に頭皮の一部となります。ですから周りの髪の毛が白髪になれば植毛部分も白髪になるので、施術部分のみが不自然な格好にならず自然な仕上がりを期待できるのです。
自毛植毛のデメリットとしては、植毛する本数に限界があることです。自毛植毛の毛は、自らの後頭部や側頭部の毛を用いますので限界があります。髪の毛の量が増えるわけではなく、移動させるだけということを頭に入れておかなければなりません。また、施術後に頭皮のしびれなどの副作用も存在するので注意しましょう。

自毛植毛とは?注意点について

年齢とともに男性を悩ませるのが髪の毛が薄くなってくることですよね。徐々に薄くなっていく髪の毛を見て悩む男性も多いのではないでしょうか。そんな男性達に紹介したいのが自毛植毛です。自毛植毛とは、前頭部や頭頂部などの毛髪が薄くなっている部分に、側頭部や後頭部の薄くなっていない部分から毛髪を移植することです。側頭部や後頭部から生える毛髪は、前頭部や頭頂部から生える毛髪と違い男性ホルモンの影響を受けることはほとんどありません。
ですので、男性ホルモンの影響を受けない性質を持つ側頭部、後頭部の毛髪を薄くなっている部分に移植することで、移植後も性質を保ったまま定着して成長し続けることになるのです。有効そうな自毛植毛ですが、もちろんデメリットもあります。あくまで薄毛に対する対処療法にしかならないこと、植毛後のデザインや髪の密度に不満が出る可能性外科手術による頭皮への負担のせいで新しい治療方法が発見されても試せなくなる可能性があります。
継続治療費はかからないものの、保険治療の対象外で自由診療となるため10割負担となり費用が高額これらの他にも外科手術のため術後の痛みや入浴などの制限なども挙げられますが、大きなデメリットは上記のものになります。薄毛は多くの男性が抱える悩みです。その悩みを解決できるかもしれない1つの方法として自毛植毛を紹介しました。負担もある方法なので、治療を考える際は慎重な決断が必要ですよ。

最新記事一覧

イチオシ

スーツを着た男性

2017年05月30日

自毛植毛の費用について

自毛植毛という薄毛治療を知っていますか?薄毛や抜け毛に悩まされてしまい、育…

メガネをかけた男性

2017年05月30日

自毛植毛がおすすめな理由

どんなに髪のケアを毎日しっかりしていても、体質と同じように髪質もそれぞれ人…

横顔

2017年05月30日

自毛植毛は長い目でみるとお得な部分も多い

髪が薄い人や抜け毛が多い人というのは遺伝的な関係もありますから、育毛剤や育…

ピース

2017年05月30日

自毛植毛はメス要らずの場合もある

自毛植毛に限らず美容整形もそうですが、メスを入れるのが嫌でやらない人という…